トップページ

    このサイトではベントレーの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ベントレーの買取相場を調査して高く買い取ってくれる業者に売りたい!」ということを考えているならこのサイトで紹介しているオススメの車買取店を利用してみてください。

    高級車のベントレーを高く売るためにやるべきことは「複数の車買取店で査定をしてもらう」ということ。1つの買取店のみとか近隣のベントレー正規ディーラーで下取りということを考えている場合は間違いなく損をするので注意してください。

    車一括査定なら入力も2~3分で終わるので隙間時間でできます。複数の車買取店からの査定額を比較することが可能なので、ベントレー(Bentley)の買取相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーと想像してしまうくらい知名度が高いので安心感も抜群です。
    登録業者も約1000社と断トツの多さ!最大50社までベントレーの買取査定をしてもらえます。

    中古車の一括サービスは利用すると複数の買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話がないのでおすすめです。
    しかも、全国対応で使うのはタダ。

    「できるだけベントレーを高く売りたいから買取相場を調べたいけど、電話で営業されるのは…」と思っているならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時に今あなたが乗っているベントレーの買取相場が分かる上に、個人情報が他社に流れないので、電話連絡はユーカーパックの1社のみという車買取業界では新しいサイト。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買取価格を入札していくので、高級車のベントレーを高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用すると複数社から電話が入るのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話は1本のみなので、電話の対応で大変な思いをすることもないですし、しつこいセールスを受けることもありません。
    ベントレーの実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話連絡も査定も一度だけで最大2000社もの車買取業者が入札で買取価格を表示してくれるという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車買取の一括サイトです。たった45秒あれば入力が完了しますし、申し込みが終わるとすぐに中古車相場が提示されるので、「中古車で数年落ちのベントレーの買取相場ってネットで分かるの?」と感じているならおすすめです。

    依頼申し込み後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    車買取業者から電話があった時は1回の査定で売ることを決定せずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで数年落ちのベントレーであっても高価買取が可能になります。

    約10社の業者がベントレーの見積もりをしてくれるので、納得できる価格を提示してくれた業者にあなたが大切に乗ってきたベントレーを売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の概算価格が表示される有名な車買取一括サービス。
    提携している業者も200社以上で、その中から最大で10社がイギリス車のベントレーを査定してくれます。

    できるだけ多くの会社に査定の見積もりを依頼することで査定額やサービスの違いを比較することが可能になるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年愛用したベントレーを少しでも高く売りましょう。

    累計の利用者数が100万人以上!と実績も十分ですし、カスタマーサポートも用意されているので安心して利用することができます。






    外車王

     外車王は、その名前を見ればわかる通り輸入車や外車に特化した中古車の買取業者。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の取扱車両は輸入車・外車のみで約1500台。もちろん、地方対応で出張査定も無料です。

    外車王は輸入車・外車専門の中古車の買取業者なので、イギリス車のベントレーであれば日本車メインの買取店より高く買い取ってくれる可能性が高いです。
    そういうことから、イギリス車のベントレーならとりあえずランキング上位の中古車一括査定サービスを使って概算買取価格をチェックしてみてください。

    複数の買取店に見てもらった後で、最終的に外車王に査定依頼をするのがおすすめです。相場よりも高い査定額を提示してくれた時にはあなたが大切に乗ってきたベントレーを売りましょう。







    あちこちの中古車買取店を回ることなく、同時に複数の会社の査定金額を比較検討出来るのが中古車一括査定サイトの良いところです。

    忙しい人にはうってつけのサービスです。

    ただし、査定の申し込みを多数の企業にお願いしているから、仕方ないと言えばそれまでですが、たくさんの買取業者から一斉に連絡が来ることになるかもしれません。

    そのうち電話に出ることが嫌になってしまったり、しつこく売ることを迫る店舗もある欠点があるので注意が必要です。

    なるべく車の査定は夜や雨降りの日にした方が良いと言う人がいて、幾らか見積もりが高くなると言う噂が巷には存在するようですね。

    当たり前かもしれませんが夜は暗いですし、雨だと水滴のせいで車体の傷などが見えにくくなると言う理由からまことしやかにささやかれているようです。

    しかしながら、そういったことで高く見積もりをするほど業者はスキルが不足しているわけではありません。

    却って、もし見落としがあっても後で差し引き可能なように、見積もりが低めに出されてしまう場合もなきにしもあらずなのです。

    通常、車の買取業者が中古車を査定するときに確認する事項は、大別すると車種やボディカラーなどの基本となる事項や、ナンバープレートなどを含めた外装のキズの状態や走行距離、車体内部の汚れや臭いがあるかどうか、以前事故などで修理した箇所があったかどうかなどを確認します。

    これらのチェック項目に引っ掛かるものがあったら減額していって、査定アップの要因になる新型のカーナビやオーディオなどが付属していたらプラス査定となります。

    以上の結果にその時点での査定相場価格を加味して、売却希望者に査定額が提示されるのです。

    業者が提示した買取額で了解し、これから契約書にサインして売買手続きを進めるとなると、所有者は書類を複数用意しなければなりません。

    普通車と軽自動車では印鑑や書類の種類も違うので分からなければ担当者に聞いて間違えないようにしましょう。

    基本的に車検時に必要なものと同じですが、まず車検証、車の自賠責保険証、リサイクル預託証明書(もしくは自動車リサイクル料金の預託状況でも代用可)、納税証明書ですが、紛失している場合は再発行してもらってください。

    契約書に押す印鑑は、普通乗用車であれば実印ですから印鑑登録証明書も必須ですが、軽自動車はスタンプ印以外であれば認印で構いません。

    よって印鑑証明書も不要です。

    中古車の査定士は訪問査定時に決まった項目に従い、買取対象となる車の査定をしています。

    未修理のこの項目はマイナス3点、走行キロ数はプラス2点といった感じでプラスマイナスを加味して最終的な査定額となります。

    実際に見るポイントというと、確実なのは修理歴と、現状未修理のヘコミやキズ、走行キロなどで、当然ながらメーター付け替えは違法です。

    査定のプロが見るのですから、補修跡や事故歴などが目立たないように取り繕っても、バレずに済むはずがありません。

    車関連の一括見積りサイトというと中古車の売却が頭に浮かびますが、車の保険にも一括見積りできるサイトがあります。

    普通の生命保険とは異なり車の保険というのはいわゆる掛け捨てタイプの保険であるため、より条件の良い保険会社があったらさっさと乗り換えても、なんら損することはありません。

    引越や生命保険の見積りサイトなどと同じで利用料、登録料などを請求されることは一切ありません。

    24時間いつでも複数の会社の保険内容や金額を比べることもできます。

    常に最新の保険データなのも嬉しいところです。

    中古自動車を売る場合には、業者に買い取ってもらうのが一般的ですが、個人同士で売り買いするというケースもあります。

    中間業者が介在しない分だけ、両者が得なように納得して売買することができます。

    そうは言っても、契約の全てを個人同士がすることになりますから非常に手間がかかりますし、支払いに関するトラブルが起きる危険性も増すでしょう。

    お金に関しては、なるべく一括払いで払ってもらうようにするとトラブルを少なくすることが出来るでしょう。

    買取業者に車を売る際の手続きを具体的にあげると以下の通りです。

    まずは一括査定サイトなどを使って実車査定なしの簡易査定額を算出してもらいます。

    それから現物を業者から派遣された査定士が判定し、実際の査定額(買取額)が提示されます。

    必要に応じて金額アップの交渉などを行い、引取日程や金額などの調整が済んだら契約書にサインします。

    引取日が来たら車を買取業者に引き渡し、移転登録等の手続きが終わってから売主の口座に売却代金の振込があります。

    見た目は遜色なくても事故歴のある車だとか総走行キロ数が10万kmを越える車だと、中古車屋からも引き取れないと言われてしまうことが多いです。

    残された選択肢はというと、廃車(永久抹消登録)にして「鉄代」を解体業者から受け取る方法もありますし、ワケありの車を専門にしている業者に打診する方法もあります。

    その場合は使える部品や部位については細かく値段をつけてくれるので普通の中古車屋のようにタダ同然ということにはなりません。

    廃車にする労力やコストを考えた上で金額的にも後悔がない方を選びたいものです。